インプラント

インプラントについて

.jpgインプラントには、もともと医学用語で「植立する」という意味があります。
失われた歯の場所に歯根の代わりになる人工の歯(インプラント)を埋め込み、その上に歯を取り付ける治療法を「インプラント治療」といいます。
インプラントは「第2の永久歯」といわれるほど、機能的にも、見た目的にも、天然の歯にもっとも近く、最近インプラント治療を受ける方が急速に増えています。

最近話題になっている心臓移植や肝臓移植は、ドナーという臓器提供者がいて初めて成り立つものです。
それを医学用語でトランスプラント(移植)といいます。
一方、インプラントは生体にとって無刺激・無毒で、体に適応しやすい性質(生体親和性)の高い人工的なものをその臓器の代わりに使います。
例えば、人工腎臓や人工関節などが、それにあたります。
歯科インプラントも同じように歯の代わりをする金属(チタン)などの人工素材を利用しています。

 

従来の治療法との違い

□ブリッジや入れ歯について

これらの従来の治療法は、両隣の歯を削って人工の歯をかぶせます。

<<デメリット>>
●噛む際に、削られた歯に負担がかかり傷みやすいです。
●歯根のない歯茎は、噛むことによる刺激がないため、次第にやせてしまいます。
 

□インプラントの場合

インプラントの場合は該当箇所に直接インプラントを埋め込み、その上に人工の歯冠を固定します。

<<メリット>>
●健康な歯を利用しないため、自分の歯を保てます。
●歯茎に噛む力がかかるので、歯茎を健康に保てます。

<<デメリット>>
●保険対象外につき、費用が他の治療法よりも高額になります。
●オペが必要になります。
●インプラント治療終了後も、定期検診が必要です。

 

インプラント治療の流れ

[ヒアリング]
患者さんの歯の悩みや症状などをヒアリングします。

[診察]
実際に口の中を見せていただき、歯並びや顎の関節の状態を診察します。

[検査]
インプラントに対しての適合性を診断し、歯型などを取ります。

[手術]
インプラントを顎の骨に植えるために、歯肉を開きインプラントと同じ大きさの穴を骨に作ります。骨の穴にインプラントをねじ込み、固定します。固定が完了したら歯肉を閉じます。治癒を待ち、当院では2~3ヶ月ぐらい(個人差があります)で骨とチタンがしっかりと結合します。インプラントが骨と結合したら、人工歯を取りつけるための部品を連結し、歯茎の形を整えます。 口の中の型をとり、仮の歯を作成します。噛み合わせを調整し、歯肉の治癒を待ちます。人工歯をインプラントに装着し、お手入れの仕方などを練習します。

[メンテナンス]
インプラントの治療が終われば、それで安心というわけにはいきません。歯磨きを十分に行わずにインプラントの周りに歯垢がついた状態で放っておくと天然歯と同様、歯槽膿漏のような状態になり、インプラントの周りの骨がやせてしまってグラグラ動いてしまいます。インプラントを長持ちさせるためには、毎日の歯磨きが重要です。又、必ず定期検診を受けるようにしてください。

※ご注意点
インプラント治療はどなたでもできるという治療法ではございません。
医師が治療可能かどうか一度ご確認致しますのでご来院をお願い致します。